Skip to content →

総量規制でも借り入れする方法

毎日の生活では度重なるお金の出費に悩みの種は尽きることがありません。もちろん無駄な出費があれば切り詰めたり節約することも大切ですが、しかし人生にはこれだけは譲れないという出費の機会も多いもの。そんな時に過不足なくお金を捻出する上でも消費者金融の借り入れサービスを利用すると便利です。

消費者金融でも代表的な即日借り入れの方法としてはカードローンやキャッシングなどがありますが、何れにしてもサービス利用の際には然るべき審査を受けなければなりませんし、その際に気をつけるべきチェック点としては総量規制という約束事の存在があります。

この総量規制とは融資を行う消費者金融側が借り入れサービス利用者に対して返済能力を超えるような無理な借り入れを行わないように規制を設けたもの。具体的には利用者の年収の3分の1を超える融資を行ってはならない決まりとなっています。これを破って融資を行うと罰せられたり行政指導が行われるのです。

ただしこの総量規制にも対象のものと対象外のものがあります。すべての貸金業者はこの総量規制を遵守する義務がありますが、対象外のものであれば年収の3分の1を超えて融資を行っても構わないのです。例えばおまとめローンなどが対象外となっていますし、他にも事業者ローン、ビジネスローン、自動車ローン、住宅ローンなどといったある程度の高額に及ぶ借り入れになると総量規制の対象外となります。

これらのサービスを利用するにあたってはキャッシングやカードローンのような簡単な審査ではなく、高額融資ならではの厳密な審査が行われますので、規定の書類や事業計画、返済計画書など提示が求められる場合もあります。審査も数日から1週間ほどに及ぶケースもあるので余裕を持った行動が不可欠です。

Published in 消費者金融

Comments are closed.